圧倒的な強さを見せた小山美姫がポール・トゥ・ウィン

    開幕戦は、昨年のチャンピオンでもある#1小山美姫選手が、圧倒的な強さでポール・トゥ・ウィンで勝ち取りました。予選で唯一、2分を切る1分59秒台をマーク。その速さそのままに、決勝レースでも見事なパフォーマンスを発揮。スタートでは2番グリッドの#759ベイスク・フィッセール選手に先行を許してしまったものの、そのオープニングラップのダンロップコーナーでトップを取り戻しました。そもそも予選でも約2秒ものタイム差がありましたから、決勝レースでも小山美姫選手は毎周1秒以上も差を広げ続け、独走態勢となりました。

その模様はUSTREAMで、ご覧いただくことができます。

http://www.ustream.tv/channel/vqKZ85MD38z

2位には初来日で木曜日に初めてVITA-01に乗ったベイスク・フィッセール選手、3位には初の表彰台に立った#28 RINA ITO選手が入りました。